エムベアレス1 あとがき

「秘密倶楽部エムベアレス」をシリーズで3部作書こうと思い、今回はその第1弾、音大生・結衣編でした。
まだ挿絵を入れていないので、ちょっと時間は掛かるかもしれませんが、今暫くお待ち下さい。

その後、第2弾は、女医編の予定です。
日頃、高ビーな女医が入院することになり、看護婦から復讐を兼ねたお仕置きを受ける・・・なんて、ストーリーを考えていますが、まだ、どうなるかわかりません。

第3弾は、まだ絞りきれていません。
芸能人か、お堅い職業の人か、何れかを考えています。

さて、約3年ぶりの小説でした。
この間、書き始めては、「何か違う・・」と途中で止めてしまうこと3回くらい?
今回も、大して面白い話じゃなかったけど、短編にしたせいか最後まで書けました。

2

2 Responses to “エムベアレス1 あとがき”

  1. いつも、小説を楽しく拝見しております。文章の構成も、とても読みやすいですし、更新をいつも楽しみにしております。

    私もお仕置きが大好きなのですが、羞恥は特にお仕置きを際立たせる要素だと思っております。

    次の女医編もとても楽しみなのですが、、、せっなく入院するなら、看護婦の復讐でおねしょをさせられ、皆んなの前でお仕置き、そしてオムツをあてられる的な、、、羞恥要素があれび、、、勝手は期待ですみません。(笑)

    いずれにせよ、楽しみにしております!

    • こいちゃん さん コメントありがとうございます。

      >次の女医編もとても楽しみなのですが、、、せっなく入院するなら、看護婦の復讐でおねしょをさせられ、皆んなの前でお仕置き、そしてオムツをあてられる的な、、、羞恥要素があれび、、、

      はい、実はそのようなストーリーを考えていたのですが、それなら「エムベアレス」という枠組みでなく、単独のストーリーにした方が良さそうだと考え直し、現在、次作はどうするか?を思案中です。
      現在、候補は3つあるので、その中から、降りてきたモノを書くことになると思います。

コメントを残す